絵画・美術品担保融資

絵画担保融資のイメージ画像

お客様の大切な資産を眠らせることなく有効活用するスタイルは、昨今の世界経済事情にマッチングした最善の資産運用手段ではないでしょうか?

提携する国内外有数のオークションハウスの全面協力のもと、お客様所有の価値ある美術品を担保として融資を行います。

ご融資限度額は、作品査定の上、個別に設定致します。(下限100万円)

お客様の大切な資産(絵画・美術品)をお預かりさせて頂き、融資額を査定致します。
その際、オークションハウスの現在評価を基準とした、最低落札予想価格(ローエスティメート)の50%を上限にご融資致します。

査定審査終了から最短1週間でご融資が可能です。

期間は目安となります。お預かりする作品のジャンル・属性や状態により、ご希望に添えない場合がございますので、予めご了承ください。

月々の質料は9%です。その他の料金はありません。

お預かり期限は3ヶ月です。

美術品の返還を希望する場合

ご融資額と質料をお支払い頂きます。

例えば、100万円の融資の場合は、毎月9万円の質料でご利用頂けます。
3ヶ月以内に100万円をご返済頂いた時点で、お預かりした美術品を返還し、契約は終了となります。

美術品の返還を希望しない場合

3ヶ月以内に返済ができない場合は、預けた美術品は質流れとなるため、貸付融資額の返済義務はなくなり、当店からの返済請求はありません。

当店への連絡も不要です。

3ヶ月のお預かり期限を延長する場合

毎月9%の質料をお支払い頂きます。

美術品査定、絵画担保融資に必要なもの

  • 美術品鑑定証
  • 運転免許証、外国人登録証明書、パスポート、健康保険証のいずれか
  • 印鑑登録証明書
  • 実印

絵画担保融資の流れ

フォームでお問い合わせ

お問い合わせフォームに、必要事項をご入力の上、ご送信ください。
作品査定を迅速かつ正確に行うため、作品詳細(作家名、年代、技法、状態、サイズ、サインまたは証明書・鑑定書の有無と内容)をお分かりになる範囲でご記入願います。

当店からご案内

当店にてお取り扱い可能と判断した作品の場合は、後日担当者より作品画像等のご送信のご案内を致します。
お取り扱いできない場合も、その旨ご連絡致します。

作品画像と詳細のご送信

メールに作品画像を添付して、詳細をご記入の上、ご送信ください。

作品の事前査定とご融資目安額の提示

ご融資額の目安を提示し、お客様の意思を確認の上、次のステップに進みます。

出張確認または専門配送業者による美術品引き取り

本査定のため、絵画・美術品をお預かり致します。
配送料はお客様ご負担となります。

作品の本査定と融資額の決定とお知らせ

当店提携画商が、作品現物の本査定を行います。
本査定で決定した融資額をお知らせし、お客様のお申込み意思を再確認させて頂きます。
融資額にご納得頂けない場合は、お預かりした美術品を返送致します。
配送料はお客様ご負担となります。

質札とお申込み書類の送付

質札(お預かり証明)と、融資お申込み書類を郵送致します。
質札は、美術品返還の際に必要となりますので、大切に保管してください。

融資お申込み書類のご記入とご郵送

下記書類をご準備の上、ご郵送ください。

  • 融資お申込み書(当店から送付したものにご記入)
  • 身分証明書のコピー(お客様でご用意)
    運転免許証、外国人登録証明書、パスポート、健康保険証のいずれか

当店受取、確認時点でご契約の締結となります。

ご融資実行

ご指定口座へ振込み、ご融資を実行致します。

絵画・美術品担保融資の概要
【融資対象者】
美術品の価値を有効活用したい個人・法人
【担保商材】
美術品、また当店が美術品と判断したもの
【取扱い例】
マネ、ミレー、シャガール、パブロピカソなど有名印象派の作品。千住博、草間彌生、アンディー・ウォーフォルなどのコンテンポラリー作品などを中心にお預かり致します。
【融資額】
下限100万円
【流質期限】
満3か月
【質料】
9%
【融資実行】
査定審査終了から24時間以内にご指定口座に振込
【かかる費用】
美術品専門配送業者の配送料

フォームよりお問い合わせください。

ページの先頭へ